スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

宮ノ下さんぽ

2012年10月11日
こんにちは。

本日は10月のイベント第2弾、箱根は宮ノ下の「ならやあん」にて開催中の『てんぐとひょうたん』について。

こちらは宮ノ下の町おこしイベント、『みやのしたさんぽ』の中で行われる展示会です。

今年の6月にも展示をご一緒した、陶芸・ガラス・イラストなどマルチな才能の持ち主の高橋 絢子さん、苔玉作家だけど、webデザイナーとしてもすばらしい湯川 紀子さん。
そして陶芸作家仲間の岡村 トモタロウさん。

そこにわたくしkinariも加わりましての4人展となります。



箱根登山鉄道の宮ノ下駅を降りてすぐのところに、足湯も楽しめるカフェ「naraya cafe」のお向かいにある「ならやあん」です。
お店の正面に、このかわいいひょうたん苔玉がお迎えしてくれます。

私もうつわで参加させていただいてます。
詳しくはまたのちほど…(^_^;)

もう1つ、特筆すべきはこの宮ノ下さんぽのために作られた、宮ノ下のジオラマです!



こちらは陶芸のトモタロウさんと、苔玉の湯川 紀子さんの共同制作なんですが、すばらしい作品に仕上がっていました!





トモタロウさんは粘土を持って町を歩きながら、スケッチするがごとく、宮ノ下の町並みを再現されたそうです。
湯川さんが盛られた苔も、地元宮ノ下で採った苔を使うというこだわりよう…。

お二人とも本当にすごいです。

こちらは富士屋ホテルの並びにある「スペース福」にて見ることが出来ます。
ぜひぜひご覧になっていただきたいです!
間近で、宮ノ下の地層までじっくりと見てくださいね、トモタロウさんの遊び心が随所に溢れていて楽しいジオラマなんですよ。


今日は携帯からの簡単更新です^^

明日は福井に旅立ちますので、これから準備に向かいます。

それではさようなら。
スポンサーサイト
展示お知らせ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。